勉強好き 勉強嫌い 教育心理学 やる気 動機づけ理論 記憶術

なぜ好きになったほうが良いか

1ヶ月で勉強を好きになります。3ヶ月で勉強の習慣がつきます。半年で自分で理解できるようになります。そして1年で偏差値が10上がります。あなたを好循環の渦へ巻きこみます!

勉強を好きになる3つのメリット

私は、勉強を好きになることを推奨していますが、これには明確な理由があります。
好きになることに伴う物凄いメリットがあるからです。

 

今回は、勉強を好きになる3つのメリットについてお話していきます。

 

習慣化

好きでなければ習慣づけはできません。
毎日同じ時間に勉強することで、自分の中にリズムができます。
そのリズムを感じながら学習することで、さらにやる気が上がります。

 

集中力

集中力がない原因は何かというと、嫌々やっているからです。
やらされているという気持ちがあると、どうしても他の事を考えてしまいます。
ところが、他のことを考えながらの勉強では、まったく記憶に残りません。
反対に学習の密度さえ濃ければ、たとえ短い時間でも、しっかりと成果を残すことができます。

 

勉強量

短期的な努力なら誰でもできますが、長期的な努力となると、ほとんどの人ができません。
私の生徒も、テスト前は努力していますが、そのペースだともって10日間といったところです。
長期的な努力を可能にするのは、好きであるという気持ちです。

 

安定した勉強量がなければ、やる気も成績もすべて崩れます。
ですから、勉強が嫌いなままでは、今後損しかありません。
勉強を頑張りたいという人には、私の方法で、ぜひとも勉強を好きになってもらいたいと思います。

 

集中しているときの特徴

興味を持ったとき、脳は特別な状態になります。

 

それが、集中状態です。
したがって優秀への道は、脳を集中しているときと同じ状態にすることだと言えます。

 

ところで、先の子に「なんでポケモンに興味があるの?」と聞いても、本人には分かりません。
なんでか分からないけど、なんか好き。
これが才能というものです。

 

集中している人は、そうでないときと色々な違いが出ます。
その違いを理解して、実践することで、脳を集中状態にすることができます。

 

(態度) 体を向けて、正面からみる

興味のある話をしている人を見ない人はいません。
顔だけでなく、体を向けて聞きます。
正面から見るから吸収率が上がるとも言えます。
必ず話している人の方へ体を向けましょう。

 

(認知) 分かることと、分からないことが明確になっている

「分かる」と「分からない」を「分ける」ことが、「分かる」の語源です。
ゆえに「なんとなく分かる」では、興味がわきません。
興味がある分野では、そのまま放置することはないからです。
自分がどこまで分かっていて、どこから分からなくなったかを自覚することが大切です。

 

(感情) 気持ちよくやっている

人間は、興味がある分野ではいつもポジティブでいられます。
問題はうまくいかないときです。
できない原因を「才能がなかったから」としてしまうのは良くありません。
「今はできないけど、将来はできる」と思う事が大切です。

勉強が好きになるネット塾 無料メルマガ登録フォーム

1年以内に勉強を進んでやる子に育てます! 在宅で偏差値10アップは可能です! こちらのメールマガジンから登録をしてください。

ネット塾メルマガ

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

生年月日

連絡先

- -

Powered by FormMailer.

関連ページ

勉強が嫌われる理由
「成績を上げる」「やる気を上げる」「勉強の習慣をつける」という悩みは、たった1つの事を実現するだけでスッキリ解決します。 勉強嫌いを好きに変えることです。 世界各国の教育では、このようなことが普通に実現しているということを、ほとんどの人は知りません。 多くの教育メソッドも既に開発されています。 間違いなく最強と呼べる教育に、教育心理学の理論とともに迫ります。
勉強嫌いを好きへ変える方法
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。
勉強を好きになる唯一の方法
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。
勉強の自信をつける方法
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。
勉強の大切さに気付かせる方法
「成績を上げる」「やる気を上げる」「勉強の習慣をつける」という悩みは、たった1つの事を実現するだけでスッキリ解決します。 勉強嫌いを好きに変えることです。 世界各国の教育では、このようなことが普通に実現しているということを、ほとんどの人は知りません。 多くの教育メソッドも既に開発されています。 間違いなく最強と呼べる教育に、教育心理学の理論とともに迫ります。
やる気は必要ない
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。
好きになるまで分からせる方法
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。

プロフィール


ホーム RSS購読 サイトマップ