勉強好き 勉強嫌い 教育心理学 やる気 動機づけ理論 記憶術

評価のしかた

勉強を嫌いから好きへ!その極意を教えます。

過去の失敗体験を取り除く

勉強が嫌いな人には当然、初めて勉強を嫌いになった瞬間があります。
それを思い出し、除去することが大切です。

 

過去の失敗体験

 

人間は、何か行動を起こすとき結果を予想します。

 

自分の過去の経験を参考にするしかありません。
このとき、「頑張ったのに成果が出なかった」という体験ばかり積んできた人はどういう予想を立てるでしょうか?

 

当然、今回もダメではないかと思います。
やる気が起きない理由がここにあります。

 

 

失敗かどうかは自分しだい

しかし、「失敗体験」そのものは絶対になくすことができません。
行動には失敗がつきものだからです。

 

重要なのは、失敗をどう受け止めるかです。
まず次のことを知ってください。

 

失敗かどうかは自分が決めている

 

同じ結果でも成功と思う人もいますが、失敗と思う人もいます。
これは本人の意識の問題になります。

 

中学時代の私などは90点で大成功だと思い自分を褒めてあげたものですが、学年トップを狙う人からすれば及第点、物足りないです。
また、難関校を目指している人からしたら、学校のテストは100点取って当たり前なので、90点は全然ダメな点数です。

 

このように、評価は本人が決めているのです。
ですから、意識の持ちようでいくらでも変えることができます。

 

どんな結果も成功に変える

これとは別にもう1つ、評価に影響を与えるものがあります。

 

周りからの評価です。

 

テストを持って帰ってきたお子さんに対して、親御さんや先生がどういう言葉をかけてあげるです。
この言葉によって、本人の結果の受け止め方はまったく変わってきます。

 

言葉のかけ方と言っても、心にもないことを言うのではありません。
同情したり、ただ励ますのでもありません。

 

勉強の本質を教えてあげるのです。

 

「結果が出るまでには時間がかかること」や「次のテストに向けた話」をしっかり伝えます。
「覚えられない」などの相談にも乗ってあげ、改善方法を教えてあげます。

 

評価に関して念頭に置くことは、「自信をつけさせること」「努力をやめさせないようにすること」です。
私はテストバックの際に、「覚えればできる」という言葉をよく使います。

 

例えば、5教科の偏差値が落ちてしまった生徒がいるとします。
しかし、3教科はしっかりキープができています。

 

つまり、理科と社会さえ覚えれば、確実にもとの偏差値に戻ります。
このように問題点を明らかにしたうえで、「実現可能!=落ち込むな」というメッセージが効果的なのです。
逆に言えば、この手の話が生徒の中に入っていくは、この時しかありません。(笑)

 

このように言葉のかけ方・かけ時を工夫すれば、誰でも結果を前向きに受け止めさせることができるのです。

失敗と成功はボーダーレス

勉強が好きになるネット塾 無料メルマガ登録フォーム

1年以内に勉強を進んでやる子に育てます! 在宅で偏差値10アップは可能です! こちらのメールマガジンから登録をしてください。

ネット塾メルマガ

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

生年月日

連絡先

- -

Powered by FormMailer.

関連ページ

勉強が嫌われる理由
「成績を上げる」「やる気を上げる」「勉強の習慣をつける」という悩みは、たった1つの事を実現するだけでスッキリ解決します。 勉強嫌いを好きに変えることです。 世界各国の教育では、このようなことが普通に実現しているということを、ほとんどの人は知りません。 多くの教育メソッドも既に開発されています。 間違いなく最強と呼べる教育に、教育心理学の理論とともに迫ります。
勉強が好きな人と嫌いな人の違い
勉強を好きにさせるには、成績を上げなくてはなりません。 「知的好奇心」や「効率性」は成績を上げる手段と考えたほうが良く、これ単体で子どもを勉強好きにすることは難しいです。 最近、順序を逆に考える人がいて、成績を上げるという点に焦点を置かずに、勉強の楽しさの方を教えようとします。 しかし、この考えがうまくいった例はありません。 なぜなら、人間はできるようになって初めて、楽しさや面白さが分かるからです。 勉強好き=成績を上げる 成績を上げつつ、勉強を好きになってもらおうというのが、私の考え方です。
勉強を好きになる唯一の方法
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。
勉強の自信をつける方法
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。
勉強の大切さに気付かせる方法
「成績を上げる」「やる気を上げる」「勉強の習慣をつける」という悩みは、たった1つの事を実現するだけでスッキリ解決します。 勉強嫌いを好きに変えることです。 世界各国の教育では、このようなことが普通に実現しているということを、ほとんどの人は知りません。 多くの教育メソッドも既に開発されています。 間違いなく最強と呼べる教育に、教育心理学の理論とともに迫ります。
なぜ好きになったほうが良いか
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。
やる気の問題ではない
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。
好きになるまで分からせる方法
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。

プロフィール


ホーム RSS購読 サイトマップ
成績を上げる方法 勉強を好きにする方法 効率的な勉強をする方法 モチベーションを上げる方法 お母様のお悩み相談室 教育心理学の話 勉強のページ