勉強嫌い 勉強好き 教育 暗記術

勉強が嫌われる理由

勉強を嫌いから好きへ!その極意を教えます。

モヤモヤの正体

「頭がモヤモヤする」と言う言葉があります。
考えがまとまらずにいると、不快に感じますよね。

 

これは、頭がスッキリ整理された状態を好むためです。

 

実はここに勉強が嫌われる原因があります。

 

勉強すると、整理されていた頭の中が一度散らかります。
そうすると、このモヤモヤが起こります。

 

さてこれで、あなたがなぜ勉強を嫌いなのか、理解できましたね。
勉強が嫌われるのは、このモヤモヤが正体なのです。

 

しかし実は、モヤモヤを起こさずに勉強することができます。

知識の構造を壊し、再構築すること

教育心理学では、学習を知識の構造を再構築する過程としています。

 

勉強は学習の1つです。
頭の中には勉強に関する知識があり、幹となるものと枝葉になるものが段階的な構造をしています。

 

これが知識の構造です。

 

知識の構造は、自分が新しい経験を積むごとに修正されます。
勉強をするたびに何度も組み立てられ、精度の高いものになっていきます。

 

 

知識の再構築=勉強

 

それではなぜ、勉強をするとモヤモヤするかに話を移します。

 

勉強することで、新しい知識が入ってきますよね。
この新しい知識が、今までの知識の構造にぶつかるのです。

 

ときには一部を完全に壊してしまうこともあります。

 

壊すと聞くと人聞き悪いですが、これは全く悪いことではありません。
より良いものを取り入れるために行われるからです。

 

しかし、既にでき上がっているものを散らかしたり、壊したりすることは、誰でも嫌なものです。
今まで信じていたものが間違っていたことになるからです。

 

そしてすごいことに、勉強は毎回この「ぶっ壊し」をするのです。

嫌いにならない勉強法

ここで話が終わったら、勉強を嫌いになるのは人間の本能だということになりかねません。

 

もちろん、違います。
現に私は、勉強することが(どちらかと言えば)好きですからね。

 

それではどうやっているかと言うと、私は1つの問題をずっと悩むということをしません。
だいたい3分ほど熟考したら脳が悲鳴をあげます。
やがて「こんなのわかるわけないじゃねーか」「あー本当勉強嫌い」という心の声が聞こえます。(笑)

 

ですから、こんな声が聞こえる前に答えを見てしまいます。。
そこで理解できれば、嫌いになる理由がありません。

 

このように私は、できなそうな問題には最初から取り組まないため、勉強で悩むことはありません。

 

「ちゃんと考えればできる」とか「習ってるからできる」とか、そんなの嘘です。

 

初見でできるのは天才だけです。それ以外の人は、これ以上悩んだら勉強が嫌いになってしまうのではと心配した方が利口です。

 

 

難しずぎず、簡単すぎない内容を選ぶ

 

勉強内容を工夫することが大切です。
ありきたりな言葉ですが、勉強は積み重ねです。
一層ずつ知識の構造を積み上げていくしか方法はありません。

 

また、分からなかったらすぐ答えを見ましょう。
断言します!
5分悩んで分からないものが自力で分かる確率は1%くらいです。その1%のために、頑張るのはやめましょう。
こうした取捨選択を学ぶことだって立派な勉強ですよ。

勉強が好きになるネット塾 無料メルマガ登録フォーム

1年以内に勉強を進んでやる子に育てます! 在宅で偏差値10アップは可能です! こちらのメールマガジンから登録をしてください。

ネット塾メルマガ

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

生年月日

連絡先

- -

Powered by FormMailer.

関連ページ

評価のしかた
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。
勉強が好きな人と嫌いな人の違い
勉強を好きにさせるには、成績を上げなくてはなりません。 「知的好奇心」や「効率性」は成績を上げる手段と考えたほうが良く、これ単体で子どもを勉強好きにすることは難しいです。 最近、順序を逆に考える人がいて、成績を上げるという点に焦点を置かずに、勉強の楽しさの方を教えようとします。 しかし、この考えがうまくいった例はありません。 なぜなら、人間はできるようになって初めて、楽しさや面白さが分かるからです。 勉強好き=成績を上げる 成績を上げつつ、勉強を好きになってもらおうというのが、私の考え方です。
理解度が高まると好きになる
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。
小テストで自信を取り戻す
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。

プロフィール


ホーム RSS購読 サイトマップ
成績を上げる方法 勉強を好きにする方法 効率的な勉強をする方法 モチベーションを上げる方法 お母様のお悩み相談室 教育心理学の話 勉強のページ