勉強好き 勉強嫌い 教育心理学 やる気 動機づけ理論 記憶術

勉強を好きになる唯一の方法

勉強を嫌いから好きへ!その極意を教えます。

嫌いのデフレスパイラル

勉強は、分かると好きになります。

 

勉強嫌いを好きに変えるためのに、成績は欠かせません。

 

偏差値50くらいを境に、「好き」と「嫌い」のが逆風が吹いています。

 

成績が良い人は、自分1人でできることが増えていくことを実感できます。
そのため「どんどん」勉強が好きになります。

 

反対に成績が悪い人は、「どんどん」勉強が嫌いになります。

 

この、「どんどん」という表現が重要です。
「嫌いだからやらない」→「成績が下がる」→「もっと嫌いになる」という流れがあっという間にでき上がります。
ですが、これって問題ですよね?

 

これを解決するために、経済学の知識を拝借します。
勉強嫌いな人は、デフレ状態にあるとみることができます。

 

デフレスパイラルという言葉がありますが、
経済学では、いったんデフレになるとデフレが進見やすくなることが知られています。

 

勉強でも同じです。
デフレの悪循環から抜け出すのが困難になり、塾に入れる人が後を絶ちません。
(しかしこの場合、塾は本当に何もできません・・・)

勉強が好きになる唯一の方法

勉強ができる人に対して、私はよく次の質問をします。

 

「勉強は好きですか?」

 

ストレートに好きと言う人はいませんが、多くの場合、「嫌いではなかった」と返ってきます。
そして、さらに深く聞いてみると、次の事が分かります。

 

正確には、彼らは勉強自体が好きだったわけではありません。
どういうことかと言うと、
分かるときだけ好きだったのです。

 

よくあるのは、中学までトップの成績で、有名な進学校に進んだけれども、高校で勉強を嫌いになってしまうパターンです。
次の言葉は、私が実際に聞いたものです。
「中学までは問題なくこれたけど、高校の勉強やテストの内容についていけなくなって、勉強が嫌いになった。」

 

こうして考えると、勉強を好きにする条件が見えてきます。

 

勉強の内容が「分かる」こと

 

これこそが、勉強を好きにする唯一の方法になります。

 

「分かる」→「好き」 

 

この図式を頭に叩き込んでください。

当サイトだけの切り口

勉強を好きにするというと、なにやら怪しい手法が蔓延しています。
例えば、「知的好奇心を育てる」といった宣伝文句がありますが、実際のところかなり怪しいです。

 

理由は、興味関心を育てる一方で、肝心のことが考慮されていないことです。
確かに、知的好奇心を刺激すれば、「理論上」は勉強を好きになります。

 

しかし、知的好奇心だけでは乗り切れない問題があります。

 

好きになるまで分からせる

 

成績が上がらなければ、勉強を好きになりません。
子どもたちが実際に突き付けられる成績は、知的好奇心とは別次元の大切な問題です。
知的好奇心を重視するのは結構ですが、勉強の理解度を軽視してはいけません。

 

また、好きになれるだけの理解度は、かなり高いです。
実際のところ、ちょっとくらい成績が上がったとしても、勉強を好きにはなりません。

 

学校・塾など、世の中の99%の学習機関は、勉強を好きにすることはできません。
「塾に行って成績が上がった」という声は聞いても、「勉強が好きになった」と聞いたことがないと思います。

 

その点、当サイトは違います。
勉強を好きにすることの軸は、他ならぬ「成績アップ」に見据えています。
「好きになるまで分からせる」勉強の方法は、ここでしか学べません。

勉強が好きになるネット塾 無料メルマガ登録フォーム

1年以内に勉強を進んでやる子に育てます! 在宅で偏差値10アップは可能です! こちらのメールマガジンから登録をしてください。

ネット塾メルマガ

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

生年月日

連絡先

- -

Powered by FormMailer.

関連ページ

勉強が嫌われる理由
「成績を上げる」「やる気を上げる」「勉強の習慣をつける」という悩みは、たった1つの事を実現するだけでスッキリ解決します。 勉強嫌いを好きに変えることです。 世界各国の教育では、このようなことが普通に実現しているということを、ほとんどの人は知りません。 多くの教育メソッドも既に開発されています。 間違いなく最強と呼べる教育に、教育心理学の理論とともに迫ります。
評価のしかた
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。
勉強が好きな人と嫌いな人の違い
勉強を好きにさせるには、成績を上げなくてはなりません。 「知的好奇心」や「効率性」は成績を上げる手段と考えたほうが良く、これ単体で子どもを勉強好きにすることは難しいです。 最近、順序を逆に考える人がいて、成績を上げるという点に焦点を置かずに、勉強の楽しさの方を教えようとします。 しかし、この考えがうまくいった例はありません。 なぜなら、人間はできるようになって初めて、楽しさや面白さが分かるからです。 勉強好き=成績を上げる 成績を上げつつ、勉強を好きになってもらおうというのが、私の考え方です。
勉強の自信をつける方法
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。
勉強の大切さに気付かせる方法
「成績を上げる」「やる気を上げる」「勉強の習慣をつける」という悩みは、たった1つの事を実現するだけでスッキリ解決します。 勉強嫌いを好きに変えることです。 世界各国の教育では、このようなことが普通に実現しているということを、ほとんどの人は知りません。 多くの教育メソッドも既に開発されています。 間違いなく最強と呼べる教育に、教育心理学の理論とともに迫ります。
なぜ好きになったほうが良いか
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。
やる気の問題ではない
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。
好きになるまで分からせる方法
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。

プロフィール


ホーム RSS購読 サイトマップ
成績を上げる方法 勉強を好きにする方法 効率的な勉強をする方法 モチベーションを上げる方法 お母様のお悩み相談室 教育心理学の話 勉強のページ