勉強好き 勉強嫌い 教育心理学 やる気 動機づけ理論 記憶術

勉強が好きな人と嫌いな人の違い

勉強を嫌いから好きへ!その極意を教えます。

精神年齢と勉強の関係

勉強に向いていない人には、次の特徴があります。

 

・言い訳がましい→愚痴っぽい
・口だけ→行動がない
・他人に依存する→意志が弱い

 

このような人が成功したところを私はまだ見たことがありません。

 

しかしこれは、性格の話ではありません。
精神年齢の問題になってきます。

 

精神年齢というものは、いろいろな経験をして、それについてしっかり考えることで、成長していきます。
ですから、上記の特徴も改善することができます。

 

特に、優れた人からの影響を受けることで、実年齢より何倍も速く進めることができます。
短絡的な視点に左右されず、非常に我慢強い人間に成長します。

そもそも考えることが好きかどうか

勉強が好きな人は、全体の1割ほど存在します。

 

彼らの特徴として、「分からないこと」や「できないこと」を嫌いにならないという精神性の高さを持っているということがあります。
このような人は、学校だけでなく今後社会に出てからも重宝されます。それは本人にとっても大きな得をします。

 

ですから、子どもの頃から本当の「教育」をして、人生を幸せにしたいと思うのです。

 

さて、勉強が好きな人は1割と上述しましたが、なかにはもともとは勉強が苦手で嫌いだったけど、途中から好きになった人もいます。

 

私がその1人です。
中学1・2年生のときは勉強が嫌いでした。

 

しかし今では、勉強そのものに興味を持っています。
勉強することで、人間について、そして自分について深く知ることができるからです。

 

この「考えることが好き」というのは、とても大切な思考になります。

勉強が好きな人の思考をインプットする

勉強を好きになるには、勉強が好きな人と同じことをすればよいのです。
同じことをすると言っても、行動を真似するのではありません。

 

勉強が好きな人は、頭の中で重要なことが行っているからです。
そのため、行動ではなく思考を真似します。

 

勉強が好きな人は、考えることが好きな人と言えます。

 

普段からしっかり頭を使っていますし、「分からなくてもいーや」などとは決して考えません。
これは、生まれつきの頭の回転の速さではありません。

 

表面上の理解では納得せず、本質を掴もうと努力しているということです。

 

もちろん何を本質を捉えるかは、人によって違います。
なかには、本質でないことを真剣に考える人もいます。

 

しかし子どものうちはそれで構いません。
大切なことは、相手を理解しようと努力していることです。

 

このような思考を鍛えることなしに、勉強を好きなることは実現しません。
行動を真似してもダメな理由が理解いただけたでしょうか。

 

皆さんは勉強だけでなく、なにげない会話の際にも、「なぜこのようなことをしたのか(言ったのか)」を考えてみましょう。
注意して観察しましょう。

 

それによって、勉強を好きになる素地が整うのです。

 

勉強が好きになるネット塾 無料メルマガ登録フォーム

1年以内に勉強を進んでやる子に育てます! 在宅で偏差値10アップは可能です! こちらのメールマガジンから登録をしてください。

ネット塾メルマガ

*は必須項目です

名前

メールアドレス

性別

男性女性

生年月日

連絡先

- -

Powered by FormMailer.

関連ページ

勉強が嫌われる理由
「成績を上げる」「やる気を上げる」「勉強の習慣をつける」という悩みは、たった1つの事を実現するだけでスッキリ解決します。 勉強嫌いを好きに変えることです。 世界各国の教育では、このようなことが普通に実現しているということを、ほとんどの人は知りません。 多くの教育メソッドも既に開発されています。 間違いなく最強と呼べる教育に、教育心理学の理論とともに迫ります。
評価のしかた
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。
理解度が高まると好きになる
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。
小テストで自信を取り戻す
なぜ勉強が嫌いかというと、「分からない」からです。なぜ勉強しないかというと、「頑張っても成果に出ない」からです。「分かる」と「好き」が密接に関係しているのが、勉強の特徴です。 ですから、「分からない」を解消しないことには、勉強をするようにはなりません。勉強を好きにさせる工夫をして、自習するように仕向けることが教育です。

プロフィール


ホーム RSS購読 サイトマップ
成績を上げる方法 勉強を好きにする方法 効率的な勉強をする方法 モチベーションを上げる方法 お母様のお悩み相談室 教育心理学の話 勉強のページ